て形+います=~ing

私は 今 本を 読んで います。

經過、離開點的「を」

X 公園を 帰ります。

私は 公園で 散歩しました。

我在公園散步。

私は 公園を 散歩しました。

我散步經過公園。

て形+も+いいです 承認、同意

輩份限定:不能對長輩使用

先生、頭(あたま)が 痛(いた)いです、帰ってもいいですか。

ーはい、いいです。

ここで タバコを 吸ってもいいですか。

ー外(そと)で 吸って下さい。

ては いけません ~的話,不行

輩份限定:不能對長輩使用

学校で キスを しては いけません。

學校的話,親親是不行的。

附著點的「に」

動作的最終目的是 1. 主語和場所的東西 2. 對象和場所的東西 附著。

私は コーヒーを(Xに) 飲みます。

私は ベッドで(Xに) 寝ます。

  1. 主語本人接觸場所或東西

教室で 椅子に 座ります。

椅子 休みます。

お風呂 入(はい)ります。

  1. 主語把東西和東西接觸

本を 机に 置(お)きます。

  1. 主語生產的東西和東西接觸

作家は 公園に 彫刻(ちょうこく)を 彫(ほ)ります。

*作家(さっか)在日本語中為藝術家總稱。

移動行為的「に」

當主語為有意識的東西時,「へ」和「に」可任意交換。

當主語為自然現象、物品時,只能用「へ」。